【祝・開設29周年】

【祝・開設29周年】

黒松内町ディ・サービスセンター

 2月14日、黒松内町ディ・サービスセンターは29周年を迎えました。15日~19日の1週間、開園記念祝賀会を開催。利用者様と共にお祝いをいたしました。昨年2020年1月から今年2月を振り返るスライド上映も行い、「こんなこともしたね。」「また、わたあめ食べたいね。」などの声が上がっていました。

    
【吉田管理者より感謝を込めた挨拶】
    
【利用者様を代表して乾杯!】          【会食 「赤飯、美味しい♪」】
これからも元気で通って来れるように、と、利用者様代表の音頭の万歳三唱で締めくくられました。

ベトナム技能実習生(第2期生)辞令交付式

2021年02月19日

2021年2月18日(木)当法人の地域交流センター「ふらっと」にて技能実習生第2期生9名の辞令交付式が行われました。
9名は1月15日に日本に入国しました。コロナの関係で成田で2週間ホテル待機しながらオンライン研修を受け、その後2週間は東川町で研修を受けておりました。
この2月17日に一旦9名全員が黒松内入りし、翌日辞令を受けました。
その後、当法人の研修を受け各種の手続きも完了し、19日午後から各事業所にて勤務となりました。
第2期生は、介護7名、調理2名で、黒松内町、京極町、泊村で働くこととなります。

どうぞよろしくお願いいたします。


黒松内町長、理事長、理事、施設長と共に緊張した様子
法人研修の様子
19日の手続きの合間に町内を見て回りました

緑ヶ丘老人ホーム「芸能大会」

2021年02月19日

「芸能大会」

緑ヶ丘老人ホーム

 2月10日緑の広場で芸能大会が行われました。ダンスや劇など本番に向けて利用者さんと職員が何度も練習します。ダンスではお揃いの衣装に身を包み、職員の動きを見ながら一生懸命体を動かしてくれました。参加してくれた利用者さんは緊張していたようですが、終わると「頑張った」「来年も出たい」と笑顔で話してくれました。見学されていた利用者さんには「みんな上手だね」と褒めてもらいました。来年も皆さんに楽しんでもらえる行事にしていきたいと思います。

 
 

 
 

 

「節分・豆まき」

2021年02月16日

「節分・豆まき」

緑ヶ丘老人ホーム

暦の関係で124年ぶりとなる2月2日に節分の豆まきを行いました。今年の年女・年男の9名の利用者さんで神棚へお参りし、各部屋を回りながら豆をまいて歩きました。部屋で待たれていた利用者さんからは「もっと投げてちょうだい」などの声も聞かれ、今年も賑やかな節分となりました。

 

  

【鬼は外!! 福は内!】

【鬼は外!! 福は内!】

黒松内町ディ・サービスセンター

 124年振りに2月2日(火)となった節分。
力を合わせ作成したお手製の鬼の的。
火曜会の年男、年女の4名に鬼を追い出し、福を呼び込んで頂きました。


【丑年4人衆】

【豆の代わりにお手玉で鬼退治!】

【お土産の落花生とチョコの詰め合わせ】

観戦された方々から、「鬼も退散するね。」「これでコロナも退散するね。」と声が上がりました。
丑年さん、お疲れ様でした。

夢の貯金箱設置5年

2021年02月05日

先日、日本財団から下記の感謝状が届きました。
当法人の2施設でチャリティー自動販売機を設置し、飲料1本を買うごとに10円を日本財団へ寄付しております。
以下日本財団HPより

社会貢献自動販売機「夢の貯金箱」は、飲料1本につき10円が社会貢献プロジェクトに寄付される自動販売機です。飲料を「飲んで参加」、寄付者が事業を「選んで参加」、事業に「リアルに参加」をキーワードに、社会課題の解決にみんなで参加できることが特徴です。
「社会のために何かをしたい」という皆さんの想いや意欲をカタチにする寄付のしくみです。「みんながみんなを支える社会」を合言葉に、本当に必要な人に、最も求められる支援を届けています。また、だれでも「夢の貯金箱」に参加できるように、寄付する人のスタイルに合った、多様な寄付のカタチを企画しています。

感謝状