黒松内町ディ・サービスセンター「散歩日和だねぇ」

散歩日和だねぇ

黒松内町ディ・サービスセンター

連休明けの黒松内町は最高気温23.5度。

この心地よい暖かさが続いた5月9日(月)~11日(水)の3日間、黒松内町中ノ川にある『奥の院』へ カタクリの花を見に行きました。

5月10日の火曜会の利用者さんをお連れした時には、写真のように、「カタクリの花が一面に見られるようになった経緯」について詳しい利用者さんから、

「20代の若い住職さんの話です。お寺(観音山奥之院)の周りにはうっそうと笹薮や倒木が広がっていたそうです。ここをカタクリの花でいっぱいにして、参拝に来られた方々の癒しとなるよう、楽しんで頂きたいと、はじめは一人で笹薮を刈ったり、手入れをしたりしていたそうです。その情熱が、中ノ川地区の方々をはじめ地域の方々の賛同が得られ、三十三体の観音様を建立。その後、北海道三十三観音霊場第三札所に認定されました。」と職員や他の利用者さんにお話ししてくれました。

1人の利用者さんの情熱が、他の利用者さんの気持ちに繋がり、今もキレイに見られるのだと知り感慨深いものを感じました。

黒松内町ディ・サービスセンター「そうだ、道の駅へ行こう♪」

そうだ、道の駅へ行こう♪

黒松内町ディ・サービスセンター

 

どこからともなく「どこかに行きたい…」との声。

そこで4月11日~15日の5日間は、「道の駅くろまつない toit vert Ⅱ」までドライブに出掛けました。

ドライブの途中、中ノ川地区の畑に白鳥が飛来しているとのことで、利用者さんと見物に!!

はじめのうちは、「遠くにかすかに見えるね~」という感じでした。

しかし、最終日(15日)には、白鳥がすぐそばまで・・・

 

 

利用者さんは「白鳥って大きいね」と驚いたり、感動していました。

 

感動の後は・・・、いざ、道の駅へ!

(パンを選びながら)

「どれにしようかな~」

「あ、チーズもいいかも!」

と悩んだり、

お土産やソフトクリームを購入して食べたりと、久々に外出を楽しんでいただきました。

帰りのバスの中では、「今度はお寿司がいいね。」と次の計画を立てたり、とても楽しい時間を過ごしました。

黒松内町ディ・サービスセンター「お正月準備着々と…」

お正月準備着々と…

黒松内町ディ・サービスセンター

 

12月27日 月曜会の皆様にお手伝いを頂き、繭玉飾りつけを行いました。

「懐かしいね。昔はどの家でもやってたよ」「餅も付けたんだよ。食べて怒られた」などと、

昔話も飛び出しました。

来年も良い年となりますように。

 

繭玉飾りつけ

早速、ホールに飾りつけしました♪

黒松内町ディ・サービスセンター「1年振りに…」

1年振りに…

黒松内町ディ・サービスセンター

 

12月20日からの1週間、この1年を振り返り、またクリスマスも兼ねて忘年会が開催されました。

職員による余興では、歌あり、踊りありで、センター内は、冬の寒さを忘れるほどの熱気に包まれました。

利用者代表の歌、ハーモニカ演奏も披露されました。

利用者の皆様からは「久々にこんなに笑った」と喜びの声が上がっていました。

昼食も豪華に頂きました。お腹も心も満たされた1日となりました。

 

吉田施設長の挨拶

余 興①
余 興② 余 興③

 

黒松内町ディ・サービスセンター「待ちに待った・・・」

待ちに待った・・・

黒松内町ディ・サービスセンター

 

12月1日、念願であった利用者送迎用の新車が納車となりました。

それまで使用していた車両は、昨年6月に故障、廃車となりました。

この度の購入にあたり、黒松内町より300万円の補助を頂きました。

誠にありがとうございます。

今回導入した車両は、日産のキャラバン。10人乗りで、2列目の座席を収納すると、

車いすが2台対応可能で、ストレッチャーも搬送することができるというタイプです。

前車よりもかなり大きいです。

※内装のレポートは、広報:かすみ草でふれたいと思います。

同日、あいにく雨の中ではありましたが、

洞参寺住職に、交通安全のご祈祷を頂きました。

これから冬道ということもありますが、職員一同、利用者様の安心、安全を求め、安全運転に努めてまいります。